自然環境への配慮を忘れず地域社会に貢献いたします。

 

毎日何気なく通る道路は、物流、医療はもちろん地域の生活に必要不可欠なライフラインの一つです。良い舗装道路を作るためにはしっかりとした基礎工事が大切であり、そのことを軽んじて施工すると、耐用年数の極めて短い粗悪な道路となってしまいます。私たちは、培ってきた確かな経験に加え、常に新しい技術や機械を学ぶことに努めております。

地域の自然環境、皆様の健康な生活への最大限の配慮を怠らず、美しい自然を守りながら、地域社会がさらに発展できるよう貢献していくことをお約束いたします。

事業内容のご紹介

舗装工事

舗装工事は、アスファルトを施工する工程のみを想像されることが多いのですが、しっかりと締め固める路盤の工事が必要で、さらにその下には安定した支持力を発揮する路床が必要不可欠です。しっかりとした基礎工事を行うことで、長く皆様に利用していただけるような道路を作ることができます。

産業廃棄物の運搬・中間処理

解体工事や土木建設現場から出るアスファルトやコンクリート等の廃材は、中間処理場で破砕、選別を行い、再生砕石としてリサイクルします。こういった再生利用を行うことで、環境への負荷を低減した循環型の社会を目指します。

解体工事

解体工事には、基礎を含む建物の解体以外にも家回りのブロック塀のみの撤去、リフォームに伴う内装の解体など、様々な種類の工事があります。騒音や粉じんなど、近隣にお住まいの方へのご迷惑を少しでも減らすよう、迅速で安全な技術が必要となります。

先進技術の利用

ドローンによる空撮

TS動作画像

トータルステーションによる高精度測量

本社 

山形県西置賜郡飯豊町大字萩生4400-1